卵子 老化 流産

MENU

流産の原因は卵子の老化だけではない

よく30代〜40代で流産をすると医師から卵子が老化しているからという説明を受ける方は少なくありませんが、卵子の老化と一言で説明されると悲しくなってしまいますよね。

 

 

卵子の老化は加齢による卵子内のミトコンドリアのエネルギーが弱まっていることを言います。
では、卵子の老化と流産にはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

流産と一口で言っても稽留流産や切迫流産、化学流産などいくつかの種類があります。
また、流産の時期でも早期流産や後期流産などがあります。

 

 

人工的に流産をする人工流産以外の自然流産の原因はほとんどが受精卵の染色体異常だと言われています。
卵子の老化と受精卵の染色体異常にどのような関係があるのでしょうか?

 

染色体異常は卵子の老化によって引き起こされる可能性が高いと言われています。
つまり、加齢によって卵子が老化し、染色体異常を引き起こし、流産してしまうことが考えられます。
ただ、卵子の老化が絶対に染色体異常を引き起こすわけではありません。

 

 

AMHという卵巣年齢検査によって数値が低かったとしても全ての卵子が同じ状態とは限りませんし、
染色体の検査をしても染色体に異常が見つからない場合だってあります。

 

 

「卵子の老化はあくまでも流産の原因の一つであること」であるのは間違いありませんが、だからと言って自分を責めずにご夫婦の染色体の検査や子宮の検査など今一度考えられる原因を潰していきそれから次の治療に進むことをオススメします。

 

 

若くても流産を経験することはありますし、流産を経験するということはまだ妊娠の可能性は残されているわけなのであまり自分を責めすぎずに次にまた赤ちゃんが戻ってきてくれることを祈って頑張りましょう。

 

 

一つだけ、2回、3回と流産が連続して起こっている場合は不育症という妊娠ができても流産や早産、死産を繰り返してしまう状態にある可能性もあるのでその場合は不育症の疑いも視野に入れて検査をしましょう。

 

 

また、卵子の老化はあくまでも流産の原因の一つではあるので対策を取れるなら卵子の老化に関しても早めに対策を取ることをオススメします。

 

>>>卵子の老化防止に役立つ食べ物やサプリはコチラ